口元をもっと美しく

「銀歯が気になって思い切り笑えない……」「歯の黄ばみを何とかしたい……」

術前

術後

このようにお考えの皆様。審美歯科を検討してみませんか? 審美歯科とはその名の通り、口元の審美性に注目した治療です。銀歯をセラミックの白い歯と交換したり、ホワイトニングで歯の黄ばみを除去し白くするといった処置があります。口元の美しさは、第一印象に大きな影響を与えるもの。きれいな口元で、もっときれいなあなたを演出しませんか?

銀歯をセラミックの歯にすることのメリット

銀歯をセラミックの歯にすることのメリットは、見た目がきれいになるだけではありません。以下のように、様々なメリットがあります。

金属アレルギーのリスクがなくなる

銀歯には金属アレルギーのリスクがありますが、セラミックの歯は金属を一切含んでいないため、そのようなおそれはありません。

コンプレックスがなくなる

銀歯をコンプレックスと感じている方は少なくありません。特に美意識の高い方や女性の方であれば、なおさらです。セラミックの歯にすることでコンプレックスを解消でき、前向きになれたという方がたくさんいらっしゃいます。

歯ぐきの変色がない

銀歯を使っていると歯ぐきが黒ずむことがありましたが、セラミックの歯ではそのようなことはありません。

長持ちする

セラミックは耐久性に優れており、非常に高い強度を持っています。欠けたり摩耗したりすることがほとんどなく、とても長持ちします。

取扱審美素材

詰め物

セラミックインレー

セラミックインレー

見た目
金額
金額 ¥63,000~
セラミック製の詰め物です。

メリット

  • 色が天然歯に近く、見た目がきれい
  • 適合性が良い
  • 変色しない
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 費用がかかる

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックインレー

見た目
金額
金額 ¥36,750~
セラミックと歯科用プラスチックを混ぜ合わせた素材の詰め物です。

メリット

  • 従来のプラスチックの欠点である、水分の吸収や摩耗を改善している
  • 色が天然歯に近く、見た目がきれい
  • 経済的
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 経年により変色するおそれがある

パラジウムインレー

パラジウムインレー

見た目
金額
金額 ¥2,100~
銀の詰め物です。

メリット

  • 経済的

デメリット

  • 色が黒っぽく見える
  • 金属アレルギーが起こる場合がある
  • 5~6年経つと取り替えなければいけない場合がある

※料金は全て税込です

被せ物

ジルコニアオールセラミッククラウン

ジルコニアオール
セラミッククラウン

見た目
金額
金額 ¥126,000~
セラミック製の被せ物です。

メリット

  • 見た目がもっとも天然歯に近い
  • 透明感がある
  • 適合性が良い
  • 変色しない
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 費用がかかる

e-max

見た目
金額
金額 ¥105,000~
二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミック製の被せ物です。

メリット

  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 強度と透明度感がある
  • 金属アレルギーのリスクがない

デメリット

  • 微細な色の表現はジルコニアセラミックオールセラミックよりも少ない

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン

見た目
金額
金額 ¥63,000~
セラミックと歯科用プラスチックを混ぜ合わせた素材の被せ物です。

メリット

  • 透明感がある
  • 適合性が良い

デメリット

  • 費用がかかる

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

見た目
金額
金額 ¥94,500~
金属の土台にセラミックを焼き付けた被せ物です。

メリット

  • セラミッククラウンなどより劣るが、見た目がいい
  • 適合性が良く、変色しない
  • 歯ぐきが黒くならない(歯ぐきの境目がきれい)
  • 金属が見えにくい

デメリット

  • 費用がかかる
  • 金属アレルギーのおそれがある

※料金は全て税込です

コア(土台)

コアとは、神経をとったあとの歯に被せ物をする際、歯を補強するための土台になる部分です。金属や歯科用プラスチックのほか、ファイバー製のものもあります。

ファイバーコア

ファイバーコア

見た目
金額
金額 ¥15,750~
ファイバー製の土台です。

メリット

  • しなやかさがあり破折しにくい
  • とても自然な見た目
 

メタルコア

メタルコア

見た目
金額
金額 ¥630~
金属製の土台です。

メリット

  • 経済的

デメリット

  • 破折の原因になりやすい
  • 光の透過性がない
  • 歯ぐきが黒くなる場合がある
  • 金属アレルギーのリスクもある

※料金は全て税込です

  • ページのTOP へ

ホワイトニングキャンペーン開催中!

ホワイトニングの種類
  メリット デメリット

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング

薬剤塗布

特殊な光を照射

  • 歯科医院で行うため安心
  • 短期間で効果を実感できる
  • 色の後戻りが早い
  • 高濃度の薬剤を使用するため刺激を感じることがある

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅で行うホワイトニング

マウストレーを装着し、
じっくり薬剤を浸透

  • 好きな時間に行える
  • 色の後戻りが少ない
  • 低濃度の薬剤を使用するため、刺激が少ない
  • 毎日続ける必要がある
  • 効果を実感できるまでに2週間ほどかかる
ホワイトニングの注意点
  • 効果には個人差があります
  • 詰め物や被せ物、差し歯などは白くできません
  • 虫歯や歯周病の方は治療を優先します
  • 抗生物質などで変色した歯は効果があまり期待できません
  • お口の状態によってホワイトニングができないこともあります
  • 妊娠中の方は施術をご遠慮願います
  • マウスピースの装着時は喫煙、飲食はできません
  • 施術期間中はコーヒーやカレーなど、濃い色の飲食物の摂取はお控えください
  • 薬剤は歯科医師の指示に従って正しく管理、使用してください

ホワイトニング体験をチェック こんなに歯が白くなりました

診療予約はこちらから

  • ページのTOP へ