実はとても怖い歯周病

歯ぐきやあごの骨といった歯周組織に炎症を起こす歯周病。日本人の成人の約80%が患者、もしくは予備軍とされています。自覚症状に乏しく知らず知らずのうちに進行していくことが特徴。歯周病から歯を守るためには、まずはケアをしっかりして予防することが大切です。そして、もし歯周病かもしれないと感じたら、まずはご相談ください。早期治療・早期発見が、お口の健康を守る秘訣です。

あなたは大丈夫?歯周病チェックシート

歯をみがくと歯ぐきから血が出る Yes No
歯ぐきが赤く腫れている Yes No
起床時に口のなかがネバつく Yes No
歯が長くなったように見える Yes No
最近、口臭がきつくなった気がする Yes No
歯がぐらぐらと動く Yes No
歯ぐきがかゆい Yes No
歯ぐきから膿が出る Yes No

チェック項目0個のあなたは……

チェック項目1~3個のあなたは……

チェック項目4~7個のあなたは……

チェック項目8個のあなたは……

歯周病検査

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

あごの骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

歯周病の進行段階とその症状

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さ:3mm程度

軽度歯周炎

軽度歯周炎

あごの骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さ:4mm程度

中等度歯周炎

中等度歯周炎

あごの骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さ:6mm程度

重度歯周炎

重度歯周炎

あごの骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
歯周ポケットの深さ:8mm程度

歯周病治療

歯みがき指導

歯みがき指導

主に、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って、普段の歯みがきでは取り除けない歯に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。

フラップ手術

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開してあごの骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。
歯周組織再生療法 CGF

CGF(Concentrated Growth Factors)とは失われた歯周組織を再生する処置のひとつです。特殊な機材を用いて採血した血液を遠心分離させて、成長因子や血小板を多く含むゲルを形成。成長因子や血小板を多く含んでいるので歯周組織の再生促進のほか、術後の治癒促進や疼痛の抑制効果もあります。

  • ページのTOP へ

一緒にお悩みを解決しましょう 口臭外来

口臭のお悩みは口臭外来で解決しましょう。とてもデリケートなお悩みですが、口臭の大半の原因はお口の病気です。原因となるお口の病気を治療することで、口臭が改善します! 

口臭の原因の6~7割は歯周病!

実は、口臭の原因の6~7割は歯周病です。歯周病により破壊された組織や血球成分、死んだ雑菌などのたんぱく質から構成される成分がだ液の分解酵素で分解され、いやな臭いを発する物質に変化してしまうのです。まだ進行していない歯周病であれば気になるほどの臭いにはなりませんが、ある程度進行した歯周病の場合は悪臭とも言えるほどきつい口臭となります。

口臭の治療方法

歯周病が原因の場合は、歯周病を治療します。なお、それ以外の原因(詰めものの不適合など)の場合は、よく検査を行ったうえで適切な治療をご提案しています。まずはお気軽にご相談ください。

診療予約はこちらから

  • ページのTOP へ